おとなの前菜の効果と口コミを検証

おとなの前菜の口コミ

 

おとなの前菜の口コミを紹介します。
 
 
・・・「おとなの前菜」を1週間ほど試してましたが、ほとんど効果がありませんでした。
 
 
食事だけでは思うように食物繊維を摂れてなかったので、手軽に食物繊維を摂れるこのサプリの存在はとてもありがたく思っています。(女性)
 
・・・今のところ毎日続けています。便秘も少しずつ解消してきました。(40代前半女性))
 
 
 
おとなの前菜の口コミを探して読んでいくと、

 

 

・ダイエットには効果がない
 
・便秘には効果がある

 

 
というものが多いようです。
 
 
 
ダイエットに効果がないという感想は、ある意味で正しく、ある意味で正しくありません。
 
結論から言うと、効果がないはずがないのです。
 
 

おとなの前菜の効果

 
おとなの前菜が、何に対してどういう効果があるのかを正しく理解することが大切です。
 
 
おとなの前菜は、体内の脂肪をどんどん減らすような効果はありません。
「1袋飲むたびに○○グラムの脂肪が減る」とか、そういうことではないのです。

 
その意味で、ダイエットには効果がないのです。
 
 
しかし、新たに脂肪が増えるのを防ぐ効果はあります。
 
また、自然食品のためケミカルな働きはなく、マイルドな効果のため長期的に効いてきます。
 
 
ですから、例えば、夏に向けて急激に痩せてメリハリボディを作りたい人には向いていません。

 
長期的な健康を考えて、成人病や生活習慣病を予防していきたい人に向いています。

おとなの前菜は血糖値をおさえる効果がある。

 
おとなの前菜の有効成分は、食物繊維です。ですから、期待できる効果は食物繊維の効果なのです。
 
 
おとなの前菜には、難消化性デキストリンが5600mg入っています。
 

 

 

 

 

 

血糖値は、食後1時間くらいが一番上昇します。
 
血糖値は、上がったり下がったりします。血糖(ブドウ糖)はエネルギーなので、私たちが生きていくうえで不可欠なもので、なかったら死んでしまいます。
 
血糖値は、空腹時に一番下がります。

 

 

 血糖値の正常値は「70〜130mg/dl」

 

 

 空腹時の正常値は「70〜109mg/dl」
 
 食後2時間後の正常値で「140mg/dl未満」

 

 

 

健康にとっての問題は、以下の2つです。
 
 血糖値が高すぎること
 
 血糖値の差が激しいこと

 

 

 

血糖値が高いと、血液中の糖が血管内を傷つけます。高い血糖値は、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化の原因となります。
 
そして、高くなりすぎた血糖値を下げるために、インスリンが膵臓から出てきます。そして、このインスリンをいつもいつも出し過ぎていると、糖尿病になってしまいます。
 
 
空腹時の血糖値を標準以下にキープしつつ、さらに、食後の血糖値の上昇も抑えることが、健康上とても大切です。

 

 

食後の血糖値上昇をおさえる方法はいろいろありますが、我々が日常生活の中で出来ることは大きく2つあり、一つは運動で、もう一つが食事の仕方です。

 

 

適度な運動をすることで、筋肉組織が血糖を速やかに取り込みます。運動不足が血糖値を上げる原因の一つです。
 
 
そして、もう一つは食事の仕方です。もちろん、血糖値が上がり過ぎないようにメニューを考える必要がありますが、食べる順番を考えるだけで急な血糖値上昇を防ぐことが出来ます。

 

 

まず、野菜から食べて、次に肉や魚を食べて、ご飯などの炭水化物は最後に食べます。そうすると糖の取り込みがおだやかになるのです。
 
 
しかし、野菜を食べると言っても、なかなかそうはたくさんの野菜を毎食毎食食べるのも大変です。
 

 

 

 

食前に食べる食物繊維が、血糖値の上昇を防いでくれます。

 

 

おとなの前菜は、この食後の血糖値上昇の抑制に効果と意味があるのです。

 

 

おとなの前菜は足りない食物繊維を補完する効果がある。

 

日本人の食事摂取基準では、食物繊維の目標数は、1日あたり18歳以上の男性19g以上、女性17g以上です。

 

 

近年、日本人の食物繊維摂取量は、減ってきています。1947年には日本人平均で28g程度だったものが、2008年には約半分の14g程度になっています。
 
この原因は食生活の欧米化です。肉や乳製品を多く食べ、米や大麦など雑穀を食べなくなりました。

 

普通の食事をしていたら、食物繊維は足りません。

 

サラダでよく食べるキャベツだったら、100gあたりに1.8gなので、もしキャベツだけで食物繊維を摂ろうとしたら1kg食べないといけません。キャベツ1kgは、1玉まるまるです。毎日そんなに食べられるものではありません。
 

 

おとなの前菜には、1袋に5.6gの食物繊維が入っています。
 
1日1袋を食前に飲んで下さい。
 
食事の糖の吸収をおさえますので、もっともカロリーの高い夕食の前に飲みましょう。
 
 
 
食物繊維が、食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれます

おとなの前菜は誰でも簡単に続けられる効果がある。

 

おとなの前菜は、1日1袋を飲むだけです。

 

ゼリーで、ゆず味でおいしいです。
 
 
 
自然食材から作っているので安心です。

 

 

 

 

 

古くから食品に利用されてきた素材・難消化性デキストリンについて、アメリカのFDAは、1日の摂取量の上限を明確に定める必要がないほど、安全な食品素材であると認めています。
 
また、厚生労働省許可による特定保健用食品として一定の機能表示がされており、安全であることも認められています。
 
過去の安全性を調べたヒト試験では、難消化性デキストリンを1日3回毎食前に10gを16週間にわたり摂取した結果、血圧などの生理学的検査値はなんら異常を認めず、またその他の臨床検査値、特に血清たんぱく質、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)などのミネラル濃度について、難消化性デキストリン摂取が原因となる変化はまったく認められなかったと報告されています。
 
(出典:臨床栄養)

 

1日30gでも、なんら問題ありません。摂り過ぎの心配はいりません。

 

 
 
 

今なら、1か月お試しの絶好の機会です!

 

ぜひ、この機会に「おとなの前菜」を!